1. トイプードルは涙やけになりやすい?涙やけを起こしやすい犬種とその理由とは

 

飼い始めたばかりの犬はどんな種類でもとっても可愛いものですが、特にトイプードルのパピー期というものは、もう目に入れても痛くないくらいに可愛い、という飼い主さんが多いですよね。その理由はやはり、トイプードルがもともと小さいこと、(超小型犬の種類)そしてふわふわ、もこもことした毛並みと愛らしい顔ではないでしょうか。

絶大な人気を誇るトイプードルですが、飼い始めてみると、色々と気になることも出てきます。その中でも特に、「涙やけ」の症状は、トイプードルにはとても多く、涙やけで悩んでいる飼い主さんはかなり多いようです。

この涙やけは、なぜ起こるのでしょうか。涙やけの症状としては、涙管が狭かったりしてまずそこがつまり、続いて涙腺のほうへと流れる涙と同じ成分のものが、涙管がつまっているためにその部分が炎症を起こしてうまくコントロールできずに、涙腺から勝手に涙として出てきてしまうもので、それがひどくなり、目がしらなど目の周りが乾いてしまって目の周りの毛の色が濃くなってしまう、または薄くなってしまう、さらに、毛が抜けてしまうなどの状態となります。

犬は悲しくても涙は通常流さない生き物なので、なぜだかいつも涙が出ているように見えたらそれは、涙やけの症状です。

 

1.1 トイプードルなど小型犬で、顔のパーツが中心に集まっている犬種が涙やけになりやすい

ここで、涙やけになるのはどんな犬種が多いのかということについて説明していきます。

涙やけになりやすい犬種は、小型犬が多く、また、顔のパーツが中心に集まっている犬種に多くみられるようです。
犬種の例を挙げると、

  • トイプードル
  • チワワ
  • ポメラニアン
  • パグ

といった犬種に多く、共通していることが、顔の中心に目や鼻などのパーツが集まっているタイプということがあります。もちろん、そうでない種類も涙やけになりやすいのですが、やはり、目が大きくて、鼻が小さくて顔が可愛らしい犬種に多いようです。

顔のパーツが中心に集まっていると、とても可愛らしい顔立ちになるのですが、そのせいで涙やけになりやすいのは可哀想ですね。

目が大きくてその近くの鼻が小さいということは、涙管や涙腺、鼻涙腺といったものの配置が近く、短いということでもあるので、そのせいで、涙管などに炎症か起きたりすると、うまく機能しなくなり、涙となって目に出てきやすいというわけなんですね。したがって、目との位置が遠い犬種ほど、涙やけは起こりにくいか、起こってもあまり気が付かないといった場合が多いのです。

また、目が大きいということはそれだけ目にゴミが入りやすかったり、外気に触れる目の比率が高いということでもあるので、目からの刺激によるものである場合もあります。

このように、涙やけになりやすい犬種というものがあり、トイプードルもその中に入ります。なお、トイプードルの涙やけ対策には「トイプードルの涙やけはどうして起こる?改善方法は…?」という記事に詳しく載っていたので、よろしければご参考になさって下さい。

涙やけの原因には、目にゴミが入った、などの物理的なものから、アレルギー反応として起こるもの、食べているドッグフードが合わない、体調が悪い、など様々なものがあり、飼い主さんがその原因を見極めることが重要になってきます。

普段の目の周りのお手入れで、なかなか改善されないというときは、物理的な問題ではない可能性も出てきますので、愛犬の日ごろの様子をよく観察し、涙やけが起こった場合には、まず原因を特定することが大切です。

※最後に:参考記事としてお伝えしたサイトはこちらです→「カナガンお試し体験ガイド|評判のドッグフードを辛口評価」より