プードルのドッグフードについて

・プードルの毛並みをきれいに保つにはまずは「質の良いドッグフード」から!

小型犬として人気の高い「トイプードル」。愛くるしい表情と、なんといっても特徴的なのはそのくるくるとした毛並みではないでしょうか。プードル、トイプードルと聞いて真っ先に頭に思い浮かんでしまいます。
そんなプードルですが、この特徴的な毛並み、毛艶をきちんと保つのは結構大変。シャンプーやカットはもちろんですが、「ドッグフード」もプードルの毛並み、毛艶に大きく影響してくるってご存知でしたか?ドッグフードなんてどれも同じ・・・と思われている方も少なくないかもしれませんが、そんなことはありません。質の良いドッグフードは愛犬の毛並みや毛艶はもちろんのこと、健康維持や食いつきの改善にも大きな関わりがあるのです。

では、実際にどんなドッグフードを選べばよいのでしょうか。ポイントはなんと言っても「穀物不使用」であるということ。ドッグフードメーカーは巷にたくさん存在していますが、その中でも「穀物不使用」であることを大前提としてドッグフードは選んで欲しいのです。
なぜかといいますと、犬は本来肉食の生き物であり、言ってしまえば穀物(小麦やとうもろこしなど)を必要としません。それどころか、穀物は犬の消化器官に大きなダメージを与え、涙やけやアレルギー、様々な病気の原因になってしまうのです。
ですから、ドッグフードは「穀物不使用」であること、さらに「無添加」、「人工添加物不使用」であることが求められると言えるでしょう。

実際にそうした安全性の高いドッグフードを与えるようになった飼い主さんからは、「毛艶が良くなった」「涙やけが改善した」「食いつきが良くなった」などなど、たくさんの喜びの声が聞かれているようです。
もしもあなたが愛犬の健康について真剣に考え、なおかついつまでもきれいな毛艶を保ちたいとお考えでしたら、是非一度、「ドッグフードの見直し」を図ってみてください。きっと驚きの結果が待っていることでしょう。

・まとめ・・・

ここ数年人気の高い小型犬といえば「トイプードル」。プードルの最大の特徴といったら、やはりなんといってもあのくるくるとした毛並みですよね。この毛並み、毛艶を保つには、定期的なシャンプー、カットのほかに、質の高い食事を与えることが必要なのです。
具体的にどんなドッグフードを与えればいいのかといいますと、「穀物不使用」、「無添加」、「人工添加物不使用」であるものが望ましいでしょう。中でも「穀物不使用」というところは大きなポイント。犬の涙やけやアレルギー、様々な疾病に大きく関わってきますので、大前提として考えてほしいところです。ドッグフードなんてどれも同じ・・・いえ、そんなことはありません。こうしたドッグフードの安全性を高めること、飼い主としての意識を高めることが愛犬の健康維持に繋がりますし、毛並みや毛艶をいつまでもきれいに保つことにもなるのです。