1. パピー期のプードルの涙やけに有効なフードを知って、早めの対策を

 

プードルの飼い主さんは年々増えています。プードルはとても可愛らしいので、人気がずっと衰えないのですね。ですが、同じプードルでも飼い主さんのもとにやってきた可愛いプードルは、世界に一頭だけの大事な家族ですから、これからの長い犬生を、元気に過ごしていってほしいですよね。

そんな可愛らしいプードルの天敵と言えるのが、涙やけです。涙やけはプードルにとって、ある意味避けられないくらいよく起こるものなのですが、特にパピー期には注意が必要です。

というのも、パピー期はまだまだ免疫力が完成していないので、ちょっとのことでも重症化する場合があるからです。それでなくても可愛いパピー期を楽しく健康に過ごすために、パピー期のプードルが涙やけを起こさないためのフード選びのポイントについてご紹介していきます。

 

1.1 パピー期のフード選びは今後の成長にもとても重要

プードルのパピー期には、どんなフードを選んだらよいのかまだよくわからないため、ショップの人やブリーダーさんに勧められるまま、なんとなく勧められたフードを与えている、といったことが多いと思います。

ですが、パピー期というのは日々すごい勢いで成長していく、大切な成長期です。ですから、ずっと同じフードというわけにもいかず、また、そのフードでは不十分であったり、逆に必要のない成分まで摂りすぎているということもあるので注意が必要です。

特に、涙やけに関しては、まず、涙やけの原因となる成分が入っているフードであるかどうかを見極めることが大切になってきます。
涙やけの原因となるフードの成分とは、添加物や吸収率の悪い植物性のたんぱく質などです。これらがなぜ涙やけなどの原因となるのかと言うと、

添加物はそもそも犬の体にとって必要のない成分です。ですが、多くのフードには味付けのためや、長期保存をきかせるために何かしらの添加物が入っていることが多いのです。そういうフードを食べ続けると、もともと必要のない成分のため、排せつされなかったぶんは老廃物となって体に残ってしまいますね。すると、たまった老廃物が涙管や鼻涙管というところに溜まり、つまってしまいます。つまったところはやがて炎症を起こし、涙管などの働きが正常に行われなくなってしまうために、涙腺から涙が出続けるといった涙やけの症状につながることがあるのです。

消化の悪い植物性のたんぱく質なども同じで、消化が悪いのでうまく排せつされず、無駄な成分が老廃物となって蓄積されていきます。そして、添加物と同様のことが起こるというわけなのです。

また、涙やけ以外のことでも、パピー期は日々成長期なので、吸収の悪いたんぱく質では、たんぱく質の量が足りなくなってしまいます。たんぱく質は、プードルにとって最も大切な栄養素で、これが足りないと元気がなくなったり、小柄な体つきになってしまったり、病気がちになってしまったりといった、成長に関する問題が出てくることもあります。

これらのことを踏まえて、フード選びをするときに気をつけたいポイントは、まず無駄な添加物が入っていないということと、良質な動物性たんぱく質を配合している、という点になってきます。

プードルのパピー期には、涙やけや栄養バランスなど、心配なことがたくさんあると思いますが、飼い主さんが最も気をつけてあげられることとして、良質なフード選びがあるようです。愛犬の日ごろの様子をよく観察して、何が必要で何が不必要であるのかを見極めてあげることが大切です。