1. 犬の涙やけを引き起こすドッグフードの種類を知って涙やけを予防しよう

 

犬はよく涙やけを起こすことがありますが、特に、トイプードルやチワワ、パグといった小型犬に多く見られる症状です。どんな犬種でも涙やけになる可能性がありますが、小型犬の場合、顔のパーツが中心に集まっている種類が多いので、それが、涙やけをよく起こす原因のひとつとされています。

特に、トイプードルなどは顔がとても可愛らしいので、涙やけによって目の周りに炎症を起こすと、とても心配になりますよね。

ですが、なかなか根本的な解決に至らないケースが多く、動物病院へしょっちゅう連れていかなければならないなどの場合もあります。
動物病院で塗り薬などをもらっても、涙やけを繰り返すような場合には、実は普段与えているドッグフードに原因が隠されている場合があります。

では、どのようなドッグフードが犬の涙やけを引き起こしやすいのでしょうか。

 

1.1 市販のドッグフードに潜む危険性

愛犬家のみなさんは、普段愛犬にどのようなドッグフードを食べさせていますか?

世の中には実に様々な種類のドッグフードが出回っており、また、犬種別に作られたようなタイプもあるので、どのようなドッグフードにしたらいいのかわからない場合、とりあえず犬種別に作られたタイプを選んでいる飼い主さんが多いのではないでしょうか。

ところが、こういった、市販で簡単に購入できるドッグフードの成分の中に、犬にとってあまりよくないとされる成分が入っていることがあり、それによって涙やけを起こしている場合もあるのです。

まず、市販のドッグフードで気をつけたいのが、犬にとって不要な成分が多く入っていることがある、ということです。例えば添加物などは、フードの味付けや日持ちさせるため、などの理由でほとんどのドッグフードに入っているのですが、この添加物は、もともと犬の体にとっては不要な成分です。

ですが、毎日食べ続けることによって、これら不要な成分は、大概に排出されることなく蓄積されていきます。その結果、犬の鼻涙管や涙管をつまらせ、つまりが起きた部分に炎症をおこし、正常に機能しなくなることで、涙腺から涙としてひたすら出続けてしまうといった状態になり、涙やけを起こします。

犬にとって不要な成分は、本来必要であるはずのたんぱく質にも当てはまる場合があり、それは、たんぱく質の成分に植物性のものが多い場合です。植物性のたんぱく質は、犬にとってなかなか消化しにくいもので、消化しきれなかったたんぱく質は添加物と同じように体内に蓄積されていきます。こうして、同じように涙やけにつながる事態が起こることがあります。

これらの成分表示は、見てみてもあまりはっきりとわからないことが多いので、てっきり犬にとってバランスのよいドッグフードだと思っていた、ということもありますよね。
ですが、愛犬の涙やけがなかなか治らない場合や、病院に通ってるのに原因がはっきりしない、といった場合には、実は普段食べているドッグフードに原因がある場合も多いのです。

特に、トイプードルなどの小型犬は、体も小さいため、ドッグフードの成分による影響をダイレクトに受けやすいところがあります。異常が見られる場合には一度、ドッグフードを見直してみるとよいですよ。