トイプードルの食事について

・愛犬の食事はまず成分に気を配って

トイプードルは、そのもこもことした毛並みと愛らしい表情が特徴である、人気の高い小型犬です。そのくるくるとした美しい毛並みを保つことでトイプードルらしさを引き立たせるとも言えるかも知れませんね。その為に重要なのは、「どんな食事を与えるか」ということ。トイプードルの特徴的な毛並みを美しく維持する為、質の良いドッグフードを選ぶことは非常に重要なポイントです。
また、トイプードルは「涙やけ」を起こしやすい犬種でもあります。涙やけとは、涙がたくさん流れることで目の周りのバクテリアが繁殖し、目の下が茶色に変色してしまうことを言います。この涙やけを防ぐという意味でも、ドッグフードの品質に注目すべきですし、成分表をきちんと確認して安心できるドッグフードを選択することが飼い主の責任とも言えるでしょう。

では、どのようなドッグフードを選べばいいのかといいますと、まず、成分表に「穀物」が含まれていないものを選択するようにしてください。穀物とは例えば「小麦」や「とうもろこし」のことをいいますが、犬は本来肉食の生き物であり、穀物を摂取する必要はありません。それどころか、犬の体は穀物をきちんと消化出来ない構造になっていますので、穀物を摂り続けることで大きな負担を与え、先に述べた涙やけやアレルギー、様々な疾病を引き起こす可能性を高めてしまいます。このことをきちんと頭に入れておくようにしましょう。

また、トイプードルに食事を与えるタイミングとして、月齢にもよりますが、成犬の場合ですと朝晩の二回で十分でしょう。子犬の場合は一日3~4回少量に分けて与えるようにしてください。品質の良いドッグフードは一粒あたりに含まれる栄養価が高いものが多いですので、気持ち少なめにしてあげると肥満も防げるでしょう。
また、人間の食べ物は与えないように注意してください。かわいい愛犬にも同じくおいしいものを食べさせてあげたい・・・という気持ちになってしまうのは分かりますが、犬の健康を考えてそこはぐっと我慢しましょう。
出来るだけ長く一緒に過ごしていけるように、愛犬の健康維持に最適なドッグフードを選ぶようにしていきたいものですね。

・まとめ・・・

トイプードルの特徴であるくるくる、もこもことした美しい毛並み。この毛並みを保つために必要なことといったら、やはり「品質のよいドッグフード」を選ぶことでしょう。品質の良いドッグフード=「穀物の含まれていないドッグフード」です。穀物は犬の健康を害し、涙やけやアレルギーの原因にもなりますので、ドッグフードの成分には注意する必要があります。
また、肥満を防ぎ健康を保つためには食事の量とタイミングも大切。子犬なら一日に3回~4回少量ずつ、成犬なら朝晩の2回で十分でしょう。品質のよいドッグフードは一粒あたりに含まれる栄養価が高いですので、気持ち少なめにあげるようにするといいかもしれmせんね。もちろん、人間の食べ物はNGですよ!