1. トイプードルの涙やけの改善に役立つフードとは

トイプードルの飼い主さんならよくお分かりだと思いますが、トイプードルはよく涙やけを起こしますよね。涙やけとは、鼻涙腺や涙管がつまるなどして炎症を起こすことによって、涙腺から出る涙と同じ成分をうまく止められなくなってしまい、涙腺周囲の目の周りの皮膚に炎症を起こしたりして、目の周りの毛の色が濃くなってしまったり、また、ひどくなると毛が抜け落ちてしまうという、最終的に目の周りが荒れてしまうことを言います。

涙管がつまるなどの他の原因として、目にゴミが入った、また、何かの感染症にかかった、など様々なものもあります。これら様々な原因の結果として、涙やけという症状に発展するわけです。

涙やけは、どんな犬種でも起こしやすいのですが、特にトイプードルやチワワといった、目が大きくて目と鼻の距離が近く、鼻が低めのタイプの犬種が多く涙やけになりやすい特徴があります。トイプードルは、顔もとても可愛いので、涙やけになってしまうと可哀想ですよね。まだパピー期のトイプードルは特に、まだ免疫力が弱いので、涙やけになりやすい傾向があり心配になります。

では、愛犬が涙やけになってしまったとき、どのように対処すると早く治りやすいのかと言うと、まずは患部を清潔にすることです。次に、それほどひどくない場合や、動物病院などでも細菌感染などが認められない場合などには、フードを切り替えることでかなり症状が緩和されることがあります。

 

1.1 どんなフードが涙やけを引き起こすのか

トイプードルは毛並みも可愛らしくもこもこしているので、本来は毛並みや毛艶に配慮したフードを選ぶことが大切なのですが、どうしても、愛犬が気に入ってくれなかったりといった事情で、つい市販の安いフードに偏ってしまうこともあると思います。ですが、涙やけを起こした場合には要注意です。

市販のフードには、小型犬の体にあまりよくない成分が多く含まれていることがあります。
中でも、不要な添加物や良質でない植物性のたんぱく質を配合しているものは、食べ続けることで犬の体にとって不要な成分がどんどん体の中に溜まってしまうことがあります。

トイプードルのような小型犬にとって、体に入ってきた不要物をすべて排出することは、難しいのです。それにより、たまった不要物が鼻涙管や涙管につまり、そこで炎症を起こすと涙やけに発展することがあります。

よって、添加物をたくさん使用していたり、たんぱく質が植物性であるようなフードは涙やけを引き起こしやすいのです。

 

1.2 涙やけを解消してくれるフードとは

では、トイプードルが涙やけになってしまったら、どんなフードに切り替えるべきなのかと言うと、上記のような、犬の体にとって不要な成分を使っていないものになります。

成分としては、まず無添加であることが第一条件となります。次に、犬にとって不要であると言われている穀物を使っていないことも大切です。そして、たんぱく質の材料に、良質な動物性のものを使っていて高たんぱく質であること、がとても重要です。

これらの条件を満たすフードは、市販のものではなかなかありません。ですが、条件を満たすフードは多く存在します。

例を挙げると、「ネルソンズドッグフード」「カナガン」「NDFドッグフード」などがあり、これらの大きな特徴として、すべて国産ではないというところがあります。特に、「ネルソンドッグフード」や「カナガン」はイギリス原産の優良ドッグフードとして有名で、犬にとって無駄な成分が一切入っていないところが、愛犬家の人たちに非常に支持されています。

可愛いトイプードルが涙やけを起こしてしまったときは、まず獣医さんに診せてあげるこが大切ですが、お薬などでもなかなか症状が改善されない場合は、いつものフードに原因があるのかもしれない、という可能性が非常に高いです。そういったときは、一度愛犬のフードを見直してみるといいでしょう。