1, 涙やけはなぜ起こるのか?原因を知って正しい対処法をしよう

 

可愛い愛犬がたびたび涙やけを起こして、そのたびにどうすればよいのか悩む飼い主さんは非常に多いです。涙やけを起こす犬種として多いのが、トイプードルやチワワ、パグといった小型犬で、パピー期でも多く発症します。

では、そんな困った涙やけの原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

1-1.涙やけの原因:ウイルス・原因菌

原因のひとつに、まずは何かしらの感染症にかかっているという疑いがあります。感染症とは、広い意味でよく使われる用語で、主な症状に、いわゆる風邪など、犬の体内にウイルスが入ることによってそのウイルスを体が排除しようとした結果、涙やけの症状となって表れてきます。

犬は風邪をひかないと思っている人も多いのですが、実は人間のひいた風邪が移ったり、また、人間が外から持ち込んできた、洋服などについているウイルスによって容易に風邪の症状が現れるのです。

この場合には、同時に鼻水が出ていたり、なんだかぐったりしていることが多いので比較的判断がつきやすいことが多いので、対処法としては、すみやかに動物病院へ連れていって原因菌やウイルスへの対処をしてもらいましょう。

 

1-2.涙やけの原因:アレルギー

もう一つの原因に、犬のアレルギーがあります。アレルギーは、育つ環境から発症することもあれば、生まれつき持っていることもあり、実際に症状として現れないとなかなか気づきにくいというやっかいな特徴があります。

例えば花粉やハウスダストなど、人間と同じような原因でアレルギー反応を起こす場合もあれば、何かしらの外的要因・散歩中に犬にとって危険な植物の近くを通った、というような、触れなければ起こらない物質によるアレルギー、さらに、生まれつき何かの食物に対してアレルギーを持つ犬もいます。

このようなアレルギー反応としても、涙やけは起こることがあります。その場合には、例えば同時にくしゃみが止まらなくなったりすることもありますし、涙やけと同時に、皮膚をかゆがる、といったこともあります。

犬のアレルゲンが何であるかはやはり、調べてみないとわからないため、アレルギーが原因による涙やけかもしれないという場合にも、一度動物病院へ連れていき、血液検査をしてもらうことで、アレルギーの有無や、アレルゲンの特定をして、対処します。

 

1-3.涙やけの原因:アレルギー

その他の原因としては、いつも食べているドッグフードが犬の体に合っていない、ということがあります。いくら愛犬が好きで食べているフードでも、その成分の中に、犬にとって不要な成分が多い場合、涙やけの原因となります。

犬にとって不要な成分とは、添加物や穀物、植物性たんぱく質といった、犬にとって消化、吸収のあまりよくないもののことで、市販のドッグフードにはわりと多く含まれています。ですが、成分表示が曖昧な場合が多いため、犬が涙やけなどの症状を起こしてからでないと気が付かないことが多いのです。

その場合には、フードの切り替えが必要になります。特に、原因が特定できないなどの場合にはドッグフードが原因であることが多いので、その際には、なるべく犬にとって不要な成分の入っていない、安全で安心なフードに切り替えてみるということが、対処法となります。

 

 

 

愛犬の涙やけは、繰り返すことも多いですし、涙やけを起こすたびに普段のお手入れが一層大変になってきますよね。ですから、早めに原因を特定し、その原因に合った対処法をしてあげることが大切です。