トイプードルのしつけは2ヶ月を目安に

・子犬の時期からしつけはしっかりと

昨今人気の高い小型犬。「小型犬ブーム」とも言えるかもしれませんね。中でもトイプードル、チワワ、ミニチュアダックスフントはトップ3と言えるのではないでしょうか。そのかわいさのあまり、なかなかうまくしつけが出来ない、怒るなんてとんでもない!など、子犬時代のしつけで躓いている方は少なくありません。特に生後2ヶ月くらいになると、どんどん走り回り、暴れ、いわゆる「赤ちゃん期」は卒業した状態になります。この時期にしつけを開始するのがベストだとも言われていますので、ぜひしっかり愛犬にいろいろなことを学ばせてあげてください。しつけがうまくいかないと、トイレの失敗や噛み癖、吠え癖、主従関係の逆転等など、様々な問題に悩まされてしまうことになりますので心してかかりましょう。

2ヶ月くらいの子犬はまだ何もわからない状態ですので、遊びの中でしつけを教えていきます。中でもトイプードルは賢い犬種だとも言われていますので、比較的覚えることが早い傾向にあります。飼いやすい犬種とも言えるでしょう。だからといって好き放題させていると「自分がここのリーダーだ!」と思い込み、言うことをまったく聞いてくれなくなってしまいますので、飼い主が誰であるかということをきちんと認識させてください。

しつけでまず一番最初に覚えさせたいのはやはり「トイレ」です。うろうろと落ち着きなさそうにし始めたら静かにトイレへ誘導し、そこで排泄するかどうかを見守ってください。きちんと排泄出来たらしっかり褒めてあげること。褒められたり嬉しかったりすることで「ここで排泄をすると飼い主が喜んでくれるようだ」ということを覚えます。そうして徐々にひとりでもきちんとトイレが出来るようになるでしょう。
お手、おすわり、おいでなども、同じく少しオーバーなくらい褒めてあげるようにすると比較的早く覚えることが出来ますので、上手に出来たらよく褒めてあげるようにしてくださいね。

犬のしつけがうまくいかずまったくコントロール出来なくなってしまうと、飼い主にとっても大きなストレスになってしまいますし、うまく愛せず手放してしまう・・・なんてことにもなりかねません。犬のしつけに関してはきちんと勉強し、2ヶ月~3ヶ月を目安に開始するように心がけておくことが必要です。

・まとめ・・・

犬のしつけの開始時期としては、2ヶ月~3ヶ月を目安に開始するようにしましょう。しつけがうまくいかないと、犬は自分がリーダーだと勘違いしてしまいます。そうなると、トイレはもちろん、噛み癖、吠え癖などなど、様々な面でコントロールがうまく出来なくなってしまいます。子犬の頃から遊びの中でしつけを覚えさせていくことが必要です。もしもその子がうまく出来たなら、オーバーなくらいたくさん褒めてあげましょう。褒められて嬉しいということで、犬は様々なことを覚えていきますし、主従関係が出来ていきます。愛犬のしつけの重要性についてしっかり理解することが大切なのです。