1. 涙やけを起こしやすいトイプードル、有効な対策とは

 

可愛くて、人気もナンバー1のトイプードルですが、涙やけを起こしやすいので、飼い主さんは、トイプードルのパピー期からよく涙やけに悩まされることが多いようです。

トイプードルはなぜ、涙やけを起こしやすいのか?ということについてはじめに説明すると、まず、トイプードルの顔の作りに理由があるようで、トイプードルやチワワ、パグといった小型犬は、目や鼻といったパーツが中心に集まているという特徴がありますね。

そして、目が大きくて鼻が低いです。こういったところが愛らしいのですが、まず、目が大きいことで、目にゴミが入りやすく、そういった外的な原因によって涙やけを起こしやすくなります。

続いて、目と鼻の位置が近いという部分にも原因があるようで、鼻涙管や涙管といった、鼻と目をつなぐ菅(くだ)が比較的短いです。これらの管がつまったりして炎症が起きると、うまく機能できなくなり、涙と同じ成分が涙腺から流れ続けるようになってしまうのですが、短いゆえに、症状が強く出ることがあるのです。出続ける涙によって目の周りが荒れ、毛の色が変わってしまったり皮膚に炎症を起こして毛が抜けてしまった状態を、涙やけと言います。

ですので、飼い主さんが涙やけに気が付いたときには、すでに何らかの原因でどこかに炎症が起こっていると考えることができるのですが、では、涙やけに気が付いたら、どのような対策をするとよいのでしょうか。

 

1.1 涙やけの対策は、原因別に違ってくる

まず、なるべく有効な対策をするために原因を特定します。

例えば目にゴミが入ったりといった外的なものが原因であれば、犬用の目薬などを使います。この場合には炎症を起こしている部分が主に涙腺である可能性が高いので、外側から主にケアしてあげます。目薬で炎症を鎮めながら、目の周りを、濡らしたガーゼなどで優しく拭き、目やになどを取ってあげます。目やにが出ている場合、その目やには細菌のかたまりなので、すみやかにとってあげることが大切です。

あまり拭きすぎると乾燥してしまうので、一日数回、ほどほどに行うとよいでしょう。

次に、内部に原因がある場合ですが、これは原因を特定するのが難しいです。外的な要因が見当たらない場合には動物病院に行って、獣医さんに診てもらうようにしましょう。

その場合、アレルギーがあれば血液検査でわかるので、アレルギーを疑うときは血液検査をしてもらうといいですよ。

一番やっかいなのが、原因が不明である、という場合です。この場合は、確かに内部で炎症が起こっているわけですから、何かしらの感染症でなければ、もっと別の原因があると考えてみるといいと思います。

例えば、日ごろ食べているドッグフードの成分などです。これがトイプードルに合わない場合、涙やけの症状として現れてくることがあります。
合わないというのは、つまりその子にとって不必要な成分が入っているということです。そういった成分は、消化吸収されることなく、また、うまく排せつされることなく体内に蓄積され、老廃物として溜まっていきます。これら老廃物が、涙管や鼻涙管につまると、その部分が炎症を起こしてしまいます。すると、涙管や鼻涙管の機能がうまく働かず、結果として涙が出続けるという涙やけへとつながることがあるのです。

この場合の対策としては、無添加のフードに切り替えてみたり、トイプードルにとって必要のない成分の入っていないフードを選んであげることで解決することがあります。

 

1.2.まとめ

このように、トイプードルが涙やけになる原因は様々で、原因によって対処法が変わってくるのですが、日ごろから愛犬の状態をよく観察し、また、特にパピー期では免疫力がまだ十分でないこともあるので、飼い主さんが日ごろの健康状態に配慮してあげることが大切です。また、同じトイプードルでも、その子によって何が合うか合わないかは全然違ってきます。ですから、トイプードルと一括りに考えるよりも、その子に合う環境はどんな状態なのか、合うフードはどんなものなのか、日々真剣に考えてあげることで、涙やけの予防になりますよ。