1. トイプードルの涙焼けが起こるメカニズムと、予防・対策法を知る

 

トイプードルを初めて飼い始めた、という飼い主さんの多くは、涙焼けの症状に悩まされた経験があるかもしれません。涙焼けとは、涙やけ、とも言い、トイプードルやチワワ、パグといった小型犬に多く見られる症状です。

どうなるのかと言うと、何らかの原因により涙腺から涙が止まらなくなってしまい、いつも目の周りが濡れたり乾いたりを繰り返すことで、目の周りの毛が「焼けたような濃い色になる」あるいは、逆に色素が薄れることもあります。そのうちに、ひどくなるとかゆみをともなうので、犬自身がしきりに目をこすったりすることで、毛が抜けてしまったりもします。

トイプードルは目が大きくてかわいらしいので、とても可哀想ですよね。

こういった涙焼けの原因とは一体なんなのでしょうか。

実は、原因は様々でひとつではないのです。ここで、代表的な主な原因についていくつか挙げてみます。

 

1.1 涙焼けの原因とは

  • 風邪ウイルスなどに感染することで、涙管や鼻涙管に炎症が起きる
  • アレルギー症状により涙管や鼻涙管に炎症が起きたり過敏になることで起きる
  • 普段の食事の中にうまく排せつできないものがあるため、それらが老廃物となって涙管や鼻涙管をつまらせ炎症が起きる
  • 目にゴミが入ったり、何らかの原因で目に傷を負うなどしたために起きる(涙腺の炎症)

これらのことが主な原因となって、涙管や鼻涙管が炎症を起こすと、正常な働きができなくなり、涙腺のコントロールがうまくいかなくなって涙が出続けるという状態になります。その結果として、涙焼けになるわけなのです。

では、涙焼けの予防と対策について説明します。

 

1.2 涙焼けの予防と対策

涙焼けの予防に欠かせないことが、普段から愛犬の様子をよく観察して、異常が何もないか確認することです。

一見、当たり前のことのようですが、愛犬が普段通り元気いっぱいだと、大概の飼い主さんは何も異常がないと思いがちです。ですが、実際に体をよく触ってみたり、一緒によく遊んであげながら愛犬の動き方などをじっくり見てみると、意外と早く異常に気付くことができます。

例えば、普段より少し体が熱い気がする、逆に冷たい気がする、毛の一部に絡まったところがある、といったことは普段から愛犬とよくスキンシップを取っていないと気が付くのが遅れます。

ですから、まず予防に有効なことが、マッサージをしてみたりして、愛犬とスキンシップをよく取るということです。

次に、愛犬が何かのアレルギーを持っていたりしないかという点についても知っておく必要があります。涙焼けは、アレルギー反応によっても引き起こされるため、あらかじめ何かに対してアレルギーを持っていないかを知っておくことも有効です。

一方、涙焼けを起こしてしまったときの対策ですが、これは涙焼けが起こった原因によって違ってきます。

上記に挙げたような涙焼けの原因の中の、どれに当てはまるのかを見極めることが大切です。そして、ウイルスなどの感染症にかかっている疑いがあったり、アレルギー反応の疑いがあればすみやかに獣医師さんに診てもらうようにしましょう。

原因がうまく特定できたら、飼い主さんのできる対策は、薬が出ていればきちんと飲ませること、アレルゲン反応があればアレルゲンには近づけない、食べさせないなどの配慮をしましょう。その上で、荒れている目の周りをできるだけ清潔に保つようにします。トイプードルは、小柄ですが活発なので、無理な運動は避けるなどの配慮が必要なときもあります。

これらのことをしてみても、一向によくならない、または原因が不明であるといったときには、もしかしたらドッグフードが合わない可能性が高いので、そのときはなるべく消化・吸収のよい、犬の体にとって不要な、老廃物の原因になる成分(添加物など)が入っていないタイプのフードに切り替えて様子をみてみることをおすすめします。

可愛いトイプードルがなるべく涙焼けにならないようにするためには、飼い主さんが普段から愛犬との十分なスキンシップをすることで、防げる場合も多いので、あまり神経質にならない程度に普段からよく見守っていてあげるとよいですよ。