トイプードルのトリミングを自分でチャレンジ!

トイプードルのトリミングを自分で試してみようと思われている方は多くみられます。身だしなみにおいては男の私よりもトイプードルのトリミング代のほうが金銭的には完全に上回っています・・・。

あとトリミング代が浮いたら少しでも良いドッグフードにランクアップしてあげられるという利点もありますよね。だから出来るなら自宅でトリミングしてあげたいと思うけど、手先が不器用な男性の場合だと難易度が高いと感じるかもしれません。

そこで、今回はトイプードルのトリミングを自分で試すコツについてご紹介します。

●トイプードルのトリミング(準備編)

トイプードルのトリミングでまず準備するものはハサミです。バリカンを使うという選択肢もありますが毛質が硬くなる可能性が高いのとパワーがあるプロ用を選ばないとバリカン負けして肌トラブルを招くかもしれません。

あと刃も足の裏やお腹まわりに使う用とボディー用と替え刃が必要になってきます。バリカンを使う場合は勉強する必要がありますし、基本を全く知らない素人には向きません。

それでもバリカンを使いたいという場合は背中周りだけにして、それ以外の足の裏や腹周りなどの細かい箇所はハサミという具合に使い分けてみてください。

●トイプードルのトリミング(実践編)

さっそくトリミングの実践ですが、ハサミを入れる前にシャンプーをします。

濡れたトイプードルの全身をドライヤーでかけながらクシでもつれや毛玉をほどきながら毛を立てるようにブラッシングしてください。ほどけない場合は無理をせず思い切ってカットしてその長さにバランスを整えてください。

次に仕上がりの参考となる写真が必要になります。以前にトリミングした後の写真があればそれを見たり、カタログの写真などを参考にしながらカットしていきます。

あとトリマーさんの作業を見たことがあるならその記憶を思い出しながらカットしていってください。多少変な仕上がりになったとしても2~3週間もすれば分からなくなるので完璧に仕上げてやろうなんて思わないほうがいいですよ。

それでもいきなり全身のカットをするのが不安な場合は足の裏や足周りだけカットして徐々に慣れていってください。コツとしてはカットするというよりも盆栽をお手入れするようなイメージで仕上げることです。

あと目の周りや耳の中の毛もしっかり切ってあげると涙やけや中耳炎などの予防に繋がります。

●トリミングの期間について

トリミングを行う期間ですが神経質な方だとこまめにやってあげたい気持ちになるかもしれませんが、早くても2週間は間隔を空けてあげてください。

早くて2週間というのはトイプードルのシャンプーの間隔で洗いすぎによる皮膚トラブルを防ぐためです。トリミングをする期間は半年~1ヶ月、または3週間程度に1度というのが一般的です。

●最後に

トイプードルのトリミングは最初のうちは完璧に仕上げるのは難しいかもしれません。ですが、似合うスタイルに決まった時の感動は格別です。

色々と試してみて愛犬の変化を楽しみながら何度もチャレンジして理想的なスタイルに仕上げてもらえたらなと思います。